毎日、万歳!!

テーマはApple製品(iPhone,Apple Watch,Mac,AirPods)を中心に、ラーメンやダイエットの情報をアウトプットしています。

【スポンサーリンク】

戦略的ダイエット 

みなさん

こんばんは

Hide-kichiです。

 

2017年1月、Hide-kichiの体重は年末太りで3キロほど増えました。

 

実際、、、今どんな感じかというと、以下のような感じです。

身長182cm

体重85kg

BMI 25

 

ということで、身長が高いので、80kgはそんなもんではないかと思われるかもしれませんが、

身長に対する適正体重は72kgということで、

10kgくらい多いんですね。

 

BMIでは「やや肥満」という場所に位置しています。

まあ、デブです。

 

実感としては、

下っ腹が出ています。

 

なので、夏物から冬物にチェンジした際に、

ズボンはウエストがきつく、入らなくなりました。

 

また、シャツ。

ムッチリしてスマートに見えません。

 

電車。

冬の電車は暑いんですよね。

暖房がきいていると厚着をしているデブにはつらいです。

結構汗をかきます。

 

ということで、生活的にも不便に感じることが増えてきましたし、

やはり30代なので健康不安も出てきています。

これまであまり本気で取り組んだことのなかったダイエットに取り組むことをここに宣言します。

 

ただし、どのようにダイエットを進めるかにについては、

戦略的に考えていきたいと思います。

 

戦略的ダイエット(戦略)

戦略。ビジネスでもよく使われますね。

Hide-kichiは戦略をよく登山にたとえて若手に説明します。

登山の目的の多くは山頂を目指すことです。

 

その山頂を制覇することが戦略です。

ダイエットに置き換えると、目標とする数字で良いと思います。

Hide-kichiの場合は適正体重の72kgですね。

 

これにスケジュールを切ります。

 

わかりやすいように今年中(2017年12月31日まで)とします。

よく、ダイエットについてやると決めた人は結構短い期間で結果を出そうとしますが、

そんなに簡単に体重が減ることは無いんですよね。

 

なので、約1年間で10kgの体重を落としたいと思います。

 

戦術

山の頂上が「戦略」なら、

どうやって登るか?

これが「戦術」ですね。

 

よく戦略と戦術は何がちがうの??

という質問を受けますが、

 

戦略>戦術

 

という関係になりますので、

戦術が重要です。どこの山にのぼるかということです。

売上ならば、どのくらい大きな金額を積むか(大きな山に登るか)ということと考えるとわかりやすいでしょう。

 

脱線しましたが、

 

山頂に登るには様々なルートがありますが、

例えば、東京の高尾山に例えると、

 

ロープウェイで途中まで登る方法から、

意外と急な坂の多いふもとから登る方法がありますよね。

 

登り方によって、装備も変わります。

ロープウェイならスニーカーで十分ですが、

ふもとから登るならちゃんとした登山靴が必要です。

 

ダイエットならば、

いろんな方法がありますよね。

でも大きく分けると以下の2つにわけられると思います。

こうするとわかりやすいです。

 

1.食事制限をする方法

ようは身体に入れる分を減らせば、

身体にあるものから消費していくので、

不足した分は筋肉や脂肪から身体を動かすためのエネルギーが消費されていきます。

なので、食事制限をする方法を考えます。

例えば、1日の基礎代謝が1771kcalのHide-kichiなので、

1,500kcalに抑えると、約270kcalが消化できます。

すると、1kgの脂肪を燃焼するには約7,000kcal必要ということで、

脂肪1kgを落とすには基礎代謝内に抑えるだけで、

25日程度で1kg落とすことができる計算です。

実際は動いているので、摂取カロリーを抑えることは、

ダイエットに有効といえます。

 

2.運動をする方法

1km走ると、ちょうど体重と同じ分のカロリーを消費するようです。

例えば、85kgのHide-kichiなら、85kcal消費すると行ったように。

脂肪1kgを減らすにはおよそ7,000kcalの消費が必要なようです。

ということは、およそ80km走ると脂肪1kgを消化できます。

フルマラソン2回分ですね。

あまり現実的では無いですね。

 

ということで、

まずは摂取カロリーを抑えることから始めてみようと思います。

運動は暖かくなってからですかね。

 

日々の体重管理はこれを使います。

Bluetoothで簡単にスマホに記録できます。