毎日、万歳!!

テーマはApple製品(iPhone,Apple Watch,Mac,AirPods)を中心に、ラーメンやダイエットの情報をアウトプットしています。

【スポンサーリンク】

バリ島 2018年に行く方 デンパサール ングラ・ライ国際空港到着編 タクシー選びの注意点も

Hide-kichiです。

 

さて昨日に引き続き、今日はバリ島到着編。

 

空港について、入国手続きを済ませて、荷物を受け取ったら外に出ましょう。怪しいお迎えがたくさんボクらを待ち受けています(笑)

 

ツアーを組んでいる方や、自分の名前の書かれたパネルを持っている現地スタッフを見つけたら声をかけて、どこのホテルに向かうのか、確認しましょう。

 

今回ボクはツアーではなく、ホテルと飛行機を別で取っていたので、お迎えはありません。タクシーを使います。

 

タクシーはブルーバードタクシーという会社が一手に引き受けているそうなので、タクシーカウンターに向かって、タクシーチケットを購入します。タクシーカウンターに向かう際に多くの輩に声をかけられますが、大抵はボッタクリタクシーの可能性が高いので注意です。

※タクシーカウンターでは現地のお金をまだ両替していない場合は、その場で払わなくても大丈夫です。タクシーに乗り込むまでに何ヶ所か両替所があるので、そこで両替しましょう。とりあえず1万円位両替しておけば十分です。

参考レート:2018/4/17

空港 1円=126ルピア 10,000円=1,260,000ルピア

クタ 1円=126〜128ルピア 10,000円=1,280,000ルピア

ボクの印象だと、空港とクタ・レギャン付近では大きな差はない(100円〜200円位)という印象でした。下手に良いレートを探す時間がもったいないので、数万円点程度の両替であれば、空港でやっちゃってもいいかもしれません。

一部、1円=131ルピアという両替所も有りましたが、おそらく詐欺をはたらきそうな両替所なので、こういった異常にレートがよい場所での両替はしないように気をつけましょう。

 

空港からホテルまでのタクシーは通常のタクシーメーターより高く付きますが、これは仕方ないと諦めましょう。ボクはクタ・ビーチのすぐ前にあるシェラトンホテルに宿泊するので、そこまでタクシーを出してもらいましたが、250,000ルピア(約2,000円)くらいでした。

ちなみに、帰りはホテルからタクシーを拾って、メーターで80,000ルピア(約640円)でした。行きは唯一メーターを使ってくれるタクシー会社のブルーバード社でさえいい値となるため、あきらめましょう。帰りはしっかりメーターで走ってもらいましょう

トラブルを避けたいのであれば、ブルーバード社のタクシーに乗ること。ただし、交渉を楽しみたいのであれば、とうぜんメーターよりも安くなる可能性もあるので、ブルーバード社以外ももちろんありです。

 

今後役立つタクシー会社の選び方については、書き記事がとても詳しく役に立つので参考にしてください。メーターがあるのがブルーバード社のみ。信頼されているせいか、他のあやしいタクシー会社もタクシーの色を似せたり、判別しにくくなっています。

 

実際にボクもスミニャックからクタまでブルーバード以外のタクシーに乗せてもらいましたが、7,000,000(約5,600円)ルピアと法外な値段をふっかけられました。搭乗時の交渉では700,000(約560円)と言っていたのに、思ったより道が混雑していたことを理由に一桁挙げてきやがりました。ボクは当然、700,000しか払わず、タクシーを飛び降りましたが、とにかくこんな輩が多いのがタクシー事情なので、本当に気をつけてくださいね。

bali-no-mikata.com

 

ということで、無事ホテルに到着。バリ島ライフを楽しみます。

次はオススメの食事編。