毎日、万歳!!

テーマはApple製品(iPhone,Apple Watch,Mac,AirPods)を中心に、ラーメンやダイエットの情報をアウトプットしています。

【スポンサーリンク】

サーフィンしたいが、太り過ぎてサーフボード(ショート)に乗れなくなってきた時の対策

Hide-kichiです。

 

春到来です。

4月中旬からは海水の温度もずいぶん上がってきており、3mmフルのウェットスーツを着れば、湘南界隈でサーフィンができるようになるくらい暖かくなってきています。

 

ということで、先日湘南に行ってきた時の話。

 

ボクは昨年7月にぎっくり腰をやってしまい、昨年は4〜6月の3ヶ月間しか波乗りができず、実質は5回ほどしか海に入ることができませんでした。

ほとんどやってないのと同じです。

 

ほぼ2年ぶりと言ってもいいほどブランクがあったせいか、

筋肉が落ち、体重が増えたこともあり、パドルが全くできず、なんとか沖にゲット・アウトした段階で、腕がパンパンな状態に。

 

さらにテイクオフ前の鬼パドルも全く腕が動かず、まったく波に乗れませんでした。。。

 

「こりゃ下手に沖に出て、流されでもしたらマジであぶねーぞ・・・」

「しかも、暖かくなってきて、人がやたら多くて避けられなかったらマジあぶねー・・・」

 

3月下旬から1ヶ月間ジムで筋トレはしていたものの、サーフィンに使うような筋肉は全くトレーニングできていなかったようでして、胸筋や腿筋や腹筋は鍛えていたのですが、サーフィンには全く役に立たなかったようです。

 

今年サーフィンを楽しむための方法はいくつあって、下記が考えられます。

 

1.筋トレ(陸トレ)

2.とにかくサーフィンに足繁く通う

3.今の自分に合った板を買う

 

1.の筋トレについては、簡単に筋肉がつくわけではなく、サーフィン用の筋トレってジムに行っても専用の器具がありません。なので、ダンベルなどを使うのですが、瞬発的な筋肉をつけるためにはあまり実用的であるとは感じないんですよね。

ちなみに、こんな器具もあります。

 吸盤をテレビや窓などに貼り付けて、ゴムを引っ張るヤツ。昔はこれで陸トレしていたのですが、いまウチにはこの吸盤を貼り付けられる場所がありません。。。

昔はブラウン管のデカくて重いテレビがあったので、そこに貼り付けてトレーニングしていたのですが、いまは薄型テレビなので、うまく引っ張ることができません。

SUPER PADDLE UP(スーパーパドルアップ) サーフィンパドリングトレーニング

SUPER PADDLE UP(スーパーパドルアップ) サーフィンパドリングトレーニング

 

 

2.のサーフィンにとにかく通う。これが本来一番良いトレーニング方法なのでしょうが、行けても週1回。波次第では海に行かない時もあるので、簡単にトレーニングできるとは言えそうもありません。でも何事もそうなのですが、実践あるのみなんですよね。

 

3.のニューボードを購入する。

ボクのショートボードは実は今の体重に合ってないので、少し沈んでしまうのと、パドルをしても走らないです。なので、少し浮力があって長めの板を新たに購入するという方法があります。金欠なので、非現実的なんですが。

 

本当はこれら全てを実施するのが最も良いのですが、ニューボードを購入する方向で、ヨメに相談したいと思います。ヨメ稟議。おりるかなー。

 

ということで、結果はどうなるか、乞うご期待!!