毎日、万歳!!

テーマはApple製品(iPhone,Apple Watch,Mac,AirPods)を中心に、ラーメンやダイエットの情報をアウトプットしています。

【スポンサーリンク】

【睡眠をしっかりとることを優先度をあげる必要性】パート2 睡眠状態の簡易検査

2018年8月10日

Hide-kichiです。

 

昨日は睡眠外来に行ってきたことを書きました。

hide-kichi.hatenablog.com

 

今日は、まず現状把握ということで、自分の睡眠状態について知るための機器を借りてきて、検査をしました。自宅でできる簡易なものです。

 

パルスオキシメーターというものを使います。

詳しくはコチラに書かれていますが、ボクなりの解釈で超簡単に説明すると、

 

眠っている間に機械を指に挟んで、酸素量を測定するもの

 

です。

 

つまり、睡眠時無呼吸症候群になっているとすると、眠っているときに呼吸が止まっているので、カラダに取り込まれている酸素量が少ないことになりますよね。

 

それを指先で測定しようってものです。

 

ボクの場合は飲酒するので、飲酒をするときと飲酒をしないときの2回(2日間)の測定をしました。

www.jrs.or.jp

 

パルスオキシメーターの付け方

まず、部品は本体と、測定部分である指を挟むクリップ、さらにそれらが眠っている間に外れないようにするためのサポーターとテープが付属しています。

f:id:hsasak:20180809193345j:plain

 

まず、本体を腕に巻きます。マジックテープタイプです。

f:id:hsasak:20180809193532j:plain

 

そして、測定部分のクリップの中に人差し指を突っ込みます。

f:id:hsasak:20180809193559j:plain

 

こんな感じです。

f:id:hsasak:20180809193631j:plain

 

96〜99の間であれば、正常に測れていることになるので、これでOKです。

指を差し込む位置によってはこの数値の幅に入らないので、調整します。

f:id:hsasak:20180809193654j:plain

 

サポーターで巻きます。

f:id:hsasak:20180809193714j:plain

 

さらにサポーターが寝ているときに外れないようにテープで巻きます。

f:id:hsasak:20180809193732j:plain

 

コードも布団に引っかからないようにテープで止めます。

f:id:hsasak:20180809193753j:plain

 

これで準備完了です。

飲酒の有り無しで、2日間測定します。

 

明日は、その結果がどうなったかについて書きますね。

 

ちなみに、この機器ですが、相当回転させているらしく(睡眠外来の患者が増えている)、使用翌日には返却してくれとのことでした。

 

ボクは比較的近所に住んでいるのですぐに返却できました。