毎日、万歳!!

テーマはApple製品(iPhone,Apple Watch,Mac,AirPods)を中心に、ラーメンやダイエットの情報をアウトプットしています。

【スポンサーリンク】

時間を有効に使うコツ(共働きパパ編)

Hide-kichiです。

 

ウチには1才4ヶ月の娘がいます。生まれたばかり。1才を過ぎた当たりからようやく歩くことができるようになりました。

子どもができると、圧倒的に自分の自由にできる時間が減ることになります。最近ノーベル賞を取った科学者が自分のことを「典型的な亭主関白」と言って、子育ては妻に任せっきりだった、感謝している。というようなことを言っていました。

まったく子育てをしなかったかと言えばそうではないかもしれませんが、自分は研究に没頭できたのでしょう。

 

さて、一般的なサラリーマンはどうでしょうか。今は共働きの夫婦も多くなってきていると思います。ボクの家も共働き。ウチでは比較的うまく時間を使う方法を日々考えて、自分の時間をヨメちゃんもボクも使えるように工夫しています。

 

ボクの1日

とある平日のボクの一日。

 

06:00 起床 ⇒ 朝食準備、血圧測定、体重測定、ゴミ捨て

06:30 こどもにごはんを食べさせながら自分も食べる、弁当を詰める、洗濯物を干す(雨の日は乾燥機)

07:00 ヨメちゃん出勤、こにゃちゃんの着替え、おむつチェンジ、食器洗い物、自分の出勤準備(顔を洗ったり、歯を磨いたり、髪型をセットしたり)、家の片付け&ルンバ起動

07:30 Hide-kichi出勤&こにゃちゃん保育園送り

08:00 電車に乗る

09:00 出勤

18:00 退社

19:00 帰宅 ⇒ ごはんを食べる、風呂にはいる(こにゃちゃんを風呂に入れる)、

20:00 こにゃちゃんが寝るまで体力を削る

21:00 こにゃちゃん寝る。食器洗い、洗濯物をたたむ。こにゃちゃんが散らかしたおもちゃを片付ける

21:30 ようやく自由時間

23:00 就寝

 

スキマ時間を有効に使う

基本的にこどもといる時間はこどもの成長を感じる時間にしたいので、家に仕事を持って帰ったり、こどもと一緒にいる時間を大切にしたいと思っています。

なので、ボクが自由に使える時間は限られています。

 

・通勤時間(行き)…1時間

・会社の昼休み…20分(ごはんを食べる時間を除く)

・通勤時間(帰り)…1時間

・こにゃちゃんが寝た後…1〜3時間

 

意外と自由時間はありますね。3時間20分〜5時間20分ほど。

 

年間に換算すると、年間240日通勤すると考えると、最低800時間を捻出できます。

これは大きいです。

 

通勤は各駅停車

ボクは通勤ラッシュの時間帯に電車に乗りますが、特急や急行は使わず、各駅停車の電車を利用しています。混雑具合が全く異なります。

各駅停車の電車であれば、座ることもできる場合もありますし、立っていたとしても本を読んだりできないほどに混むことはありません。

各駅停車の電車をうまく活用することで、勉強や読書をする時間を確保しています。

 

今は簿記の勉強をしています。11月に資格試験がありますからね。

 

有効に使って、確実に合格しようと思っています。

 

また、どうしても満員電車に乗らざるを得ないときは、英語のリスニングに当てています。イヤホンがあれば、リスニングは自由にできます。歩いているときもできます。便利な時代になったものです。

 

スマホゲームをしている時間があるならば、読書や勉強で有意義に過ごしませんか。

 

まずは自分にどれだけ自由になる時間があるのかをしっかりと把握して、それをどうやって使うかをしっかりと考えて実行することが大切ですね。

 

ボクはダイエットに費やす時間はないので、食事に気をつけることと、毎日の筋トレを自分に義務付けています。

 

食事に気をつけることでダイエットをする時間を削れますし、無駄な労力もかかりませんから。

 

ボクのダイエットは順調にすいいしていますから、またこのブログで報告しますよ。

 

と、今日は時間を有効に使うコツを書きましたが、やはり何より自分にどれくらい時間があって、なにか目的を達成しようとしたらどれくらいの時間を費やしているのかを明確にする必要があるかもしれませんね。