毎日、万歳!!

テーマはApple製品(iPhone,Apple Watch,Mac,AirPods)を中心に、ラーメンやダイエットの情報をアウトプットしています。

【スポンサーリンク】

DJIからついにアクションカメラが発売する!

Hide-kichiです。

 

ボクはカメラが大好きで今、以下のようなカメラを持っています。

 

EOS 5D mark IV(Canon)

GRIII(RICOH)

GoPro HERO 5(GoPro)

 

EOSは一眼レフカメラで、完全にプロの写真家でも愛用するようなカメラです。

子供など動きが速かったり予測ふなうなものを撮ったり、風景を撮ったり、仕事で商品の画像を撮ったりなど、かなりいろんな場面で使っています。

金額も新品のレンズセットを買えば、中古の軽自動車が購入できるくらいの価格になります。

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV ボディー EOS5DMK4

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV ボディー EOS5DMK4

 

 

GRはことしの3月に発売されたばかりの手のひらサイズのコンパクトデジカメです。

GRシリーズを持つのは2回目なのですが、この機種は単焦点レンズでスナップショットを撮るのに優れたカメラでして、ポケットに入れておける小ささと軽さでありながら、起動が1秒もかからない速さで、撮ろうとおもったときに被写体を逃さずに撮影をすることができます。

人を撮るのはあまり得意ではなく、主に自然の風景や街の風景を撮るのに向いています。

 

RICOH デジタルカメラ GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041
 

 

 

GoProは言わずと知れたアクションカメラの代名詞的カメラで、さまざまなアクションスポーツで使われていますし、テレビを見ているとバラエティで使われていたり、超広角のレンズで撮れるのが面白いアイテムです。

防水機能も搭載されているので、ボクはサーフィンで使ってみたり、お風呂で子供を撮影するのに使ってみたり、いろいろと楽しい使い道があります。

 

子供を定点観測するのにリビングに置いておいても面白いですね。

最新のGoPro HERO 7 Black というアイテムでは、手ブレ防止機能が最強になっており、ジンバルを持たずとも滑らかな動画が撮れることが魅力です。

 

 

 

そして、このGoProの存在を脅かす商品が、ドローンで有名なDJIというメーカーから発売されることになりました。

 

その名も

 

OSMO Action

 

期待度高いですね!

5/15(水)発売とのこと。

特長としては、基本性能はGoPro HERO 7に近い性能を持ちながら、カメラの両面にモニターが付いているところですね。

DJIはドローンで培った技術が素晴らしいと思うので、最近技術革新でくすぶっているGoProから乗り換えしてしまうかもしれません。

これがDJIの新アクションカメラ? 前面モニターに期待! | ギズモード・ジャパン