毎日、万歳!!

テーマはApple製品(iPhone,Apple Watch,Mac,AirPods)を中心に、ラーメンやダイエットの情報をアウトプットしています。

【スポンサーリンク】

eufy HomeVac Duo (2-in-1 コードレス掃除機)購入レビュー

みなさん

おはようございます

Hide-kichiです。

※このブログは毎日更新しています。

平日は朝5時に更新、土日祝日は朝10時に更新しています。

 

日々ワイヤレス化・自動化を進めているボクですが、

最近はお掃除はお掃除ロボットに完全に任せています。

それによって浮いた時間は週に2時間以上。

この空いた時間は将来への投資に回しています。

 

お掃除ロボットはかなり優秀なのですが、

急に小さなゴミを撒き散らしてしまったりとか、

この部分を部分的にお掃除したい!

といったスポット的な使い方に関してはあまり強くないのが現状です。

 

特にボクは数か月前に子どもが生まれたばかりなので、

ちょっとしたゴミををこぼしてしまったり、

食べこぼしが落ちていたりと、

スポット的にお掃除できるアイテムがほしいと思っていました。

 

そんな折に最適なお掃除アイテムをAmazon Prime Dayにて発見しました。

 

こちらです。

 ボクが愛してやまない最強モバイルバッテリーメーカーのANKER社が

数年前に市場投入した軽量コードレス掃除機です。

 

ボクが選択時にこだわったポイントは以下の4つ

1.コードレス

2.サイクロン型で、ゴミを溜めた袋を変える必要がない

3.安価

4.吸引力がある(ちゃんとゴミを取れればOK)

 

まず、コードレス掃除機だけである程度商品を絞れます。

そして、サイクロン式のものということでさらに絞れますね。

 

ボクはダイソンや東芝のトルネオも検討していました。

が、値段のところで断念しました。

 

ダイソンはジャパネット限定の最安値のものでも3万円はします。

トルネオも似たようなものです。

 

そして、何と言ってもデザインがイケてない。

派手すぎるんですよね、ダイソンとトルネオは。

 

吸引力は比較したわけではないのですが、

よくテレビショッピングとかで見る、ミクロのゴミが取れるという動画。

 

吸引力の強さは分かるのですが、

ミクロのゴミこそ常に発生しているわけで、絶対に取り切れることは無いのだと思うわけです。

 

そんな小さなゴミを取りきることに意味はありません。

服が擦れる度に落ちるミクロの繊維や、

窓を開けたときに風といっしょに入ってくる目に見えないゴミ。

こんなものと戦うことに意味はありません。

 

適度にしっかり取れれば良いんです、ゴミは。

 

ということで、選択肢はセールで10,000円を切るeufyとなりました。

 

f:id:hsasak:20170715094452j:image

 

こんな感じで届きます

 

f:id:hsasak:20170715094508j:image

 

中を開けるとこんな感じです。

中身を出しましょう

f:id:hsasak:20170715094600j:image

 

f:id:hsasak:20170715094614j:image

組み立てて、セットするとこんな形になります。

柄の部分は折りたためて、

コンパクトに収納できます。

 

吸引力は、落ちているゴミはバッチリ取ることができます、

f:id:hsasak:20170715094857j:image

すいません汚いです。

 

f:id:hsasak:20170715094946j:image

 

ハンディタイプとして使えて超便利です。

 

残念なところもあります。

ゴミを吸う場所からゴミ溜めまでの距離が短く、

狭い場所には吸引機が届きません。

これはダイソンやトルネオに軍配が上がります。

 

とりあえず、しばらくは使い倒して、追加レビューしますね。