毎日、万歳!!

テーマはApple製品(iPhone,Apple Watch,Mac,AirPods)を中心に、ラーメンやダイエットの情報をアウトプットしています。

【スポンサーリンク】

投資状況報告 2017年5月

みなさん

おはようございます

Hide-kichiです。

※土日祝日は10時の更新です。

 

GWも4日目、後半戦です。

夏休みまで暫くの間は長い休みを取ることができないと思いますので、

思い残すことがないようにやりたいことをやっておきたいですね

 

さて、月1回報告している投資状況報告です。

ボクは数年前からコツコツと積立投資をしています。

1年位は仕事を辞めても暮らしていける貯金があるので、

それ以降は全て貯金は辞めて、投資にその資金を回しています。

 

さらに、給料が上がったとしても、ほとんど生活の質は変えずに、

その増えた分を投資に回しています。

出世をして給料が増えたりすると、

急に車を買ったり、羽振りが良くなったりする方もいますが、

ボクは質素にそのままの生活を続けています。

過去、株式を持っていたこともあったのですが、

リーマンショックで大幅な値下がりを経験し、

その一方で最近ですとアベノミクスやトランプ相場で大幅に利益を得ることもできました。

ですが、やはりこういった値上がり値下がりは心臓によくありません。

そればかりが気になってしまうんですよね。

 

投資

 

というと、なんだか怖いイメージ、悪いイメージを持っている方も多いかと思いますが、

ボクの場合は怖い、悪いというよりかは、

それに取られる時間がもったいない。

当然、乱高下する株式投資はハイリスクハイリターンということで、

できるだけリスクは小さく、でも安定的に資産を増やせる。

そんな投資方法を実践しています。

 

ドルコスト平均法

 

ですね。

名前だけ聞くとなんだか怪しい投資方法のように見えますが、

ぜんぜん怪しくありません。

 

決まった金額を時間的にも株式的にも分散して投資する

 

そんな投資方法です。

分散投資の重要性はもう当たり前のことかと思いますが、

※超簡単に説明しますので、気になる点があるかと思いますがご容赦を。

 

株式A 10,000円

株式B 10,000円

 

株式Aの会社がなんらかの事情で倒産します。

するとこの株式Aは0円となります。

もし、株式Aに100%投資していたら、資産はゼロ。

株式Bにも投資していれば、資産は半分で済むわけです。

 

これが分散投資。

 

で、時間的に分散するということはどういうことかというと、

 

例えば、こんな感じです。株式Aを30,000円分買うとします。

今日 株式A 10,000円

先月 株式A 5,000円

先々月株式A 10,000円

 

今日、株式Aを買うと

 

10,000円×3株=30,000円です。購入できる株は3株。

 

これをドルコスト平均法で、

3ヶ月に分けて購入すると、

先々月 10,000円×1株=10,000円

先月 5,000円×2株=10,000円

今日 10,000円×1株=10,000円

 

こんな感じで4株となるわけです。

※当然この逆もありますので、投資は自己責任にてお願いします。

 

さて、投資状況です。

 

ボクが投資しているのは以下の5つです。

・ニッセイ 外国株式インデックスファンド

・ニッセイ TOPIXインデックスファンド

・セゾン ヴァンガード グローバルバランスファンド

・セゾン 資産形成の達人ファンド

・ひふみ投信

 

ニッセイの2つはインデックスファンドといって、

日経TOPIXの値動きをそのまま購入する投信。

外国株式はその外国バージョンですね。

日本の株式がイマイチでも外国が良いことでバランスをとれます。

 

セゾンの2つは

国内と外国の株式を等しく半々ずつ購入するバランスタイプの投信です。

グローバルバランスはリスク小。達人ファンドはグローバルバランスよりややリスクありです。

ひふみ投信は、日本のよいものづくりや考え方の会社に投資するというというもので、

儲けるというよりかは、頑張る会社を応援したいという気持ちがあるからなんですね。

 

投信といってもたくさんあるので

なかなか選ぶのは難しいと思いますが、

自分なりにいろいろ調べてみると良いかもしれません。

 

ボクは月5万円を投信にまわしています。

すでに数年立ちますが、それなりの利益が出ています。

それでカメラも買いました。

 

 

参考図書です。

 

最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!

最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!

 

 

 

本当にお金が増える投資信託は、この10本です。

本当にお金が増える投資信託は、この10本です。