読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日、万歳!!

テーマはApple製品(iPhone,Apple Watch,Mac,AirPods)を中心に、ラーメンやダイエットの情報をアウトプットしています。

【スポンサーリンク】

ブックレビュー 『いのちの車窓から』星野源

みなさん

おはようございます

Hide-kichiです。

 

今日も朝5時の更新です。

毎日定期的に更新することが習慣化してきました。

読んでくださる方がたくさんいらっしゃるので、

入院でもしない限りはブログを更新していきたいと思います。

たとえ入院しても、現代ではスマホがありますからね。

ブログの更新はできそうですけどね。

 

ということで、今日はブックレビューです。

星野源の『いのちの車窓から 1』です。 

いのちの車窓から

いのちの車窓から

 

 この本が「第1巻」であるということは、「あとがき」で知りました。

 今も雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載を続けているからなんですよね。

で、拍子を見てみると、

源さんのイメージイラストが、「1」の形をしていることがわかります。

 

ぜんぜん気が付かなかったー。

 

よくよくみると背表紙にも「1」としっかりと書いてあるので、

気になる人は見てみてください。

 

星野源という人

ボクはミュージシャンとして、星野源を知りました。

「くだらないの中に」という歌が、

ラジオか何かで流れていて、歌詞が印象的だったのを覚えています。

なので、この歌なんだろう??と思ったときに、検索したワードは

「髪の毛のニオイを嗅ぎあって」でした。

コレだけですぐに検索に引っかかります。

 

くだらないの中に

くだらないの中に

  • 星野源
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

といことで、何が言いたいかというと、

これが2012年くらいのことだったと思いますので、

源さん歴は結構長いのが、今流行っているのを見ると、ちょっとした自慢です。

 

で、この本を読んでわかったのは、

やはりこの人は人柄が良いんだと思います。

それが歌詞にも、見た目のしお顔っぽさにも現れていますし、

演技にも、この人を取り巻く方々からも現れてるのではないでしょうか。

 

いのちの車窓から

エッセイは約30編、掲載されています。

ボクがいいなと思ったのが、ミュージシャンでありながら、

現代の音楽を聞く人の立場に立った音楽制作の考え方。

このところ、リビングにあるCD棚よりも、ネットに繋がったYouTubeの方が距離が近い。「音楽が聞きたい」という発想から曲の再生まで、それが一番早い。なぜだかわからない。しかし、この感覚を認めることは、これまらも音楽の仕事をやっていく上で大切なことだと思う。(あの日)

必ずしも、音楽を聴くスタイルを耳から、

オーディオから聴くということが正しいとはしておらず、

現代では、YouTubeで聴く人もいるということをしっかりと受け入れている。

だから、「恋」という歌では、ダンスが生まれたし、

多くの方に受け入れらたのではないかと思います。

そんな自然なスタイルが良いですよね。

 

その他にも、いかがオススメ。

「寺坂直毅」、「YELLOW VOYAGE」、「コサキンと深夜ラジオ」

「大泉洋」、「ゲームで」、「新垣結衣というひと」、「夜明け」

 

1時間ほどで簡単に読むことができるので、

なんだか心がほっこりとする事ができます。

そんな源さんワールドに浸ってみてはいかがでしょうか。